タミフルによる異常行動について

タミフルによる死亡事故のその後

交通事故をイメージしている車のおもちゃ

タミフルによる死亡事故の特徴としては睡眠中の突然死や異常行動による死亡などで、これらの事例はタミフルを服用した後に精神神経症状が起きたことで呼吸抑制および異常行動、幻覚などが起きたとされるもので、タミフル使用後の死亡例は合計すると10人になっています。
また関連が否定出来ない事例も数多くあるので死亡事故のその後は抗インフルエンザ薬を他のものと切り替えるなどの処置がとられていて、リレンザなどの吸入器を用いた薬が投与されることが多くなっています。
現在では被害者の会などが設立されていて責任の所在を追求しています。
内服するタイプの薬は肝臓などを経由して血液に吸収されて全身に作用を及ぼすのですが、未成年の場合には脳が未発達のために副作用が出やすくなっていて、そのために幻覚などの副作用が出たと考えられています。
最近では吸入タイプの薬が処方されるようになっていて、吸入するとインフルエンザが感染している部分に直接薬剤が投与できるので副作用の心配が少なく、短い時間でウイルスを減らすことができます。
インフルエンザは基本的にはワクチンを接種して予防するとされていますが、ワクチンが効かないタイプも増えているので、学校や会社で摂取したとしても感染する可能性があります。
感染した時には40度近い発熱がありますが、熱が出たら次に日に医療機関を受診して抗インフルエンザ薬の投与を受けると数日で完治することができます。
吸入タイプの抗インフルエンザ薬を使うのが難しい場合には内服薬が処方されますが、小児や高齢者の場合にはタミフル以外の抗インフルエンザ薬が処方されることが多くなっています。
タミフルによる幻覚などの症状は現在でも仕組みが解明されていないので成長期の子供には投与が控えられています。